So-net無料ブログ作成

ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ [小説(シリーズ)]

三上延さんの「ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~」を読みました。

ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)

ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)

  • 作者: 三上 延
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2012/06/21
  • メディア: 文庫


五浦大輔と篠川栞子の古書を巡る謎解き三話が、栞子の妹、篠川文香一人称によるプロローグとエピローグにはさまれている構成の一冊です。

プロローグ 『王さまみみはロバのみみ』(ポプラ社)・Ⅰ
第一話 ロバート・F・ヤング『たんぽぽ娘』(集英社文庫)
第二話 『タヌキとワニと犬が出てくる、絵本みたいなの』
第三話 宮澤賢治『春と修羅』(關根書店)
エピローグ 『王さまみみはロバのみみ』(ポプラ社)・Ⅱ

姉妹の母、篠川智恵子の影が濃くなっていき、栞子が探していた『クラクラ日記』の在処と母が娘に残したものが明かされます。
短編集のつながりが流れとなって長編を紡いでいく巧さを感じました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。